1. Home
  2. >
  3. 食事会
  4. >
  5. 顔合わせはパンツスタイル...
顔合わせはパンツスタイルでも大丈夫?女性の服装で押さえるべきマナーをご紹介

顔合わせはパンツスタイルでも大丈夫?女性の服装で押さえるべきマナーをご紹介

厳格な雰囲気ではない分、当日の服装選びに悩まされやすい「結婚の顔合わせ」。スカートを選ぶかパンツを選ぶか悩まれる女性も多いのではないでしょうか。パンツスタイルを選ぶ場合はカジュアルな服装にならないよう注意が必要です。今回は、パンツスタイルで顔合わせに出席する際のマナーと、季節別のおすすめコーデもまとめていますので、ぜひご覧ください。

2021.04.23 食事会

顔合わせにおける女性の服装はパンツスタイルでも大丈夫?

カジュアルすぎない服装であればOK

スーツ姿の女性

結婚の挨拶・顔合わせは、古くから結納を伴う行事であったことから、以前は和装やフォーマルなワンピースで出席することが多い傾向にありました。しかし、昨今は食事を中心としたスタイルが広まってきたこともあり、女性がパンツスタイルで出席するのもマナー違反にならないとされています。

特に気温が低く、スカートコーデでは防寒対策が難しくなる秋~冬シーズンには、パンツスタイルを採用する女性も少なくありません。しかし、あくまで顔合わせはパートナーの両親が不快・不安に思わないように、きれいめコーデで出席するのがマナー。

ジーンズやTシャツ・サンダルなどといった、カジュアルすぎる服装は場の雰囲気から浮いて見える場合もあるため避けておきましょう。

顔合わせのスタイルによってはNGな服装とされることも

昨今は、結納と顔合わせの食事会を別で行う家庭が多いですが、なかには同時に行う場合もあります。結納は格式を重んじるシーンであり、女性は振袖やアフタヌーンドレスなどの"正礼装"と呼ばれる服装にするのがマナーです。そのため、結納を伴う顔合わせの場合、パンツスタイルはNGとされることが多い傾向にあります。

また一般的に、女性のパンツスタイルはワンピース・スカートスタイルに比べて格式が低いと見なされることが多い傾向にあります。そのため、顔合わせの食事会だけの場合であっても、食事をする場所によってはパンツスタイルがNGマナーとされる場合もあるため要注意!

特に高級レストラン・料亭で食事をする場合、互いの家族で格を揃えるのはもちろん、会場のドレスコードにも合わせるのがマナー。その場合はパンツスタイルの代わりに、ワンピースやスカートを選んでおくと安心です。

顔合わせが敷居の高いレストランや料亭で行われる場合は、ドレスコードがないか事前に確認しておきましょう。以下の記事では、レストランのドレスコードの種類とおすすめの服装を紹介しています。当日慌ててしまわないように、是非チェックしてみてくださいね。

関連記事
レストランのドレスコードはコレで確認!女性向けの服装マナーを詳しく解説

レストランのドレスコードはコレで確認!女性向けの服装マナーを詳しく解説

格式高いレストランでは、その雰囲気に相応しいドレスコードがあるのをご存知ですか?それぞれのドレスコードに細かな基準...

顔合わせで女性がパンツスタイルで出席する時の基本マナーは?

パンツの丈に注意すること

パンツ

結婚の顔合わせでは、パートナーの両親に失礼がないように心がけることがマナー。丈が短すぎるパンツは落ち着きがない印象を与える場合があるため、避けておくと安心です。

パンツをチョイスする場合、基本的にはストッキング・ヒールのあるパンプスを併せることが多いため、9~10分丈程度を目安にして選ぶことで、より足元を美しく見せられます。

カジュアル・ドレッシーすぎる服装は避ける

結納を伴わない結婚の挨拶・顔合わせは、フォーマルな場面ではありません。しかしパートナーの両親に失礼がないように、ビジネスカジュアルのようなきれいめコーデでまとめるのが基本。

スポーティーなパンツやデニムはもちろん、装飾がたくさん付いたパンツドレスなども、場の雰囲気から浮いて見える場合もあるため、コーデの際は注意が必要です。顔合わせでパンツスタイルを選ぶ場合には、テーパードパンツやスラックスをはじめとした、シンプルなデザインを選ぶことで、きれいめコーデの幅を広げられます。

ノースリーブのトップスを併せる時は羽織り物を用意する

特に気温が高くなる晩春~真夏シーズンには、パンツスタイルのトップスにノースリーブを併せる女性も少なくありません。しかし、顔合わせの時には露出を控えるのが基本的なマナーです。

そのため、ノースリーブのトップスを併せる場合には、ショールやジャケットなどの羽織り物を用意しておきましょう。羽織り物の色やデザイン1つでコーデの雰囲気が変わるため、パンツや小物の色と併せるのもおしゃれですよ。

【春】明るい色味のパンツスタイルで華やかさを演出

ツイードジャケットと併せて春らしさをアップ

ファンシーツイードジャケット

自由区(ジユウク)

ファンシーツイードジャケット

46,200円 (税込み・参考価格)

季節感を重視したいなら、ツイードジャケットを併せたパンツコーデも素敵ですよ。様々なフォーマルコーデにも使いやすいツイード素材は、マニッシュな印象になりがちなパンツスタイルに華やかさをプラスしてくれます。

特にラメ糸を織り込んだツイードジャケットは、ベージュ・ライトグレー系のパンツと組み合わせることで、春らしい雰囲気のコーデに仕上がります。ジャケットやパンツを引き立たせたい場合は、トップスにシンプルなクルーネックをプラスすると◎。

セミフレアパンツは女性の優しい雰囲気を引き立てる

プレンウェーブ ストレッチ ワイドパンツ

23区(ニジュウサンク)

プレンウェーブ ストレッチ ワイドパンツ

19,800円 (税込み・参考価格)

「パンツスタイルでも優しい雰囲気を演出したい」という女性には、セミフレアデザインを採用したワイドパンツでコーデを考えるのもおすすめです。裾部分がさりげなく広がるデザインになっているため、春らしさを演出できるだけでなく、パンツスタイル特有のかっちりした印象を適度に抑えてくれる点がポイント。

センタープレスが施されたデザインをチョイスすることで、脚の先まで上品な雰囲気を演出できます。春シーズンのなかでも、気温が安定してくる3~4月の顔合わせの場合には、カットソーや少し厚みのあるシャツなどを併せることで、飾らない美しさを引き立たせられますよ。

タックデザインでこなれ感のある春の顔合わせコーデに

タックテーパードパンツ

UNITED ARROWS green label relaxing (ユナイテッドアローズ グリーンレーベルリラクシング)

タックテーパードパンツ

9,900円 (税込み・参考価格)

ナチュラルな可愛らしさを引き立たせたい場合には、タックデザインをあしらったアイテムでコーディネートするのもおしゃれです。特にハリ感のある素材を使ったパンツの場合は、清潔で上品な印象を与えられます。

よりフェミニンな雰囲気にしたい時には、ネックラインにタックデザインをあしらったトップスを併せるのもおすすめ。春に人気のパステルカラーをトップスにさりげなく取り入れることで、コーデ全体を明るく見せられます。

【夏】爽やかな印象のアイテムでシンプルにまとめる

シェイプデザインのジャケットと併せて上品な服装に

Fied テーラードジャケット

ICB (アイシービー)

Fied テーラードジャケット

31,900円 (税込み・参考価格)

シルエットの美しさを重視したい女性には、シェイプデザインを取り入れたテーラードジャケットをプラスするのもGOOD!特にショート丈のジャケットは、パンツの美しいラインを引き立てられます。

また、テーラードジャケットとパンツを併せる際には、暑苦しい印象にならないように注意しましょう。ボウタイデザインのブラウスや、Vネックシャツなどを併せることで、夏らしい爽やかな雰囲気を演出できます。

ノーカラージャケットは夏らしい爽やかコーデにまとまる

Refined Ox ノーカラージャケット

ICB (アイシービー)

Refined Ox ノーカラージャケット

31,900円 (税込み・参考価格)

爽やかな雰囲気にまとめたい場合には、ノーカラージャケットをプラスするのもおしゃれです。他のジャケットのような衿がない分、ごわごわとした印象になりにくく、トップスのデザインを引き立たせられます。

夏の顔合わせの場合にはクルーネック・Vネックなどといった、首元をすっきり見せられるデザインのトップスを併せることで、ほどよい抜け感をプラスできます。白やグレー系のパンツの場合、ブルーやライトグリーン系の色のトップスを併せることで、季節感を意識したきれいめコーデに仕上がりますよ。

リネン素材のパンツは暑い夏の顔合わせにもぴったり

シルクリネンテーパードパンツ

INDIVI (インディヴィ)

シルクリネンテーパードパンツ

26,400円 (税込み・参考価格)

気温が高い真夏の顔合わせには、リネン素材を使ったアイテムも人気です。サラサラとした肌触りと通気性の良さが特徴であり、汗をかきやすい夏のコーデにもぴったり。しかしリネン素材は、色味によってカジュアルすぎて見えてしまうため注意。

白やベージュ系の色をチョイスすることで、上品な雰囲気を演出できます。生地自体の風合いがナチュラルであるため、Vネックなどの爽やかな印象のトップスと併せることで清楚感のある夏の装いに仕上がりますよ。

【秋】落ち着いたトーンのパンツスタイルが人気

レーススリーブで女性らしい華やかさをアップ

レーススリーブパンツスーツ

Dress Lab(ドレスラボ)

レーススリーブパンツスーツ

18,700円 (税込み・参考価格)

フェミニンな雰囲気を演出したい場合には、レーススリーブを取り入れたパンツスーツも◎。特に袖口にレース素材を使った長袖トップスはドレッシーになりすぎないため、秋の顔合わせコーデにも取り入れやすいのが魅力です。

レーススリーブのトップスは、ふんわりとしたシルエットのものが多いことから、テーパードパンツなどと併せることで、女性らしい温和で上品な印象を与えられます。

トップスはパンツから出しておくとシンプルに、インするとやわらかな雰囲気にまとめられるため、秋用アウターのデザインに合わせてスタイルを変えるのもおすすめです。

ロングカーディガンで都会的な秋のパンツスタイルに

アクアレジェンドロングカーディガン

SANYO L SIZE (サンヨー エルサイズ)

アクアレジェンドロングカーディガン

17,600円 (税込み・参考価格)

秋シーズンのなかでも、少し肌寒い10~11月の顔合わせには、少し厚めのロングカーディガンと併せるのも素敵です。カーディガンは素材自体が軽くて扱いやすいうえ、ロング丈をチョイスすることで縦ラインを意識した美しいシルエットを演出してくれます。

カーディガンは明るい色味が多い傾向にあるため、黒やダークカラーのパンツを使う場合でも、コーデ全体が暗くなりにくい点も魅力的です。ストレートデザインのパンツにポインテッドトゥのパンプスを併せると、足元までスタイリッシュな雰囲気を演出できます。

レース系トップスと併せて女性らしさをさりげなく演出

セットアップ パンツスーツ

Dress Lab(ドレスラボ)

セットアップ パンツスーツ

16,500円 (税込み・参考価格)

フォーマル向けスーツで秋の顔合わせに出席する場合には、レース系トップスをプラスするのも人気です。フォーマル向けのパンツスーツはボックスシルエットのものが多く、そのまま着用するとマニッシュな雰囲気になりやすいのが注意すべきポイント。

そのため、フェミニンな印象を与えられるレース素材のブラウスを併せることで、パンツスーツのメンズライクな雰囲気をほどよく抑えられます。より華やかさを演出したい場合は、シンプルなネックレスをプラスするのも◎。

【冬】すっきりしたネックラインで着ぶくれて見えないコーデに

コークンシルエットのコートでエレガントな冬コーデに

チェックチェスターコート

qualite (カリテ)

チェックチェスターコート

63,360円 (税込み・参考価格)

スリムなストレートパンツで冬コーデを考える場合には、コークンシルエットのロングコートを併せるのもおすすめです。包み込むような丸い形が特徴的なコクーンシルエットのコートは、太って見えるイメージを持たれがち。

しかし細めのパンツを併せることで、全体をすっきり見せられることから、華奢でエレガントな雰囲気を演出できます。より上品に見せたいなら、肌馴染みの良いブラウン・ベージュなどのナチュラルカラーをチョイスするのも素敵です。

ミドル丈のアウターはパンツスタイルの魅力を引き立てる

ツイードノーカラーミドル丈ジャケット

Dessin (デッサン)

ツイードノーカラーミドル丈ジャケット

16,500円 (税込み・参考価格)

冬の顔合わせには、パンツスタイルにカラーコートを併せるのもおしゃれですよ。特にミドル丈はお尻をしっかりカバーしつつも、パンツのデザインを邪魔しにくいため、着ぶくれして見えやすい冬用コーデをすっきり見せてくれます。

秋~冬にはモノトーンカラーのアイテムが多くなりがちなため、スモーキーブルーやモスグリーンなどのくすみカラーをコートに取り入れることで、コーデ全体に華やかさをプラスできますよ。

ハイネックのトップスで華奢な雰囲気を演出

ハイネックドットブラウス

COUP DE CHANCE (クード シャンス)

ハイネックドットブラウス

15,400円 (税込み・参考価格)

冬の顔合わせコーデに厚手のアウターを併せる場合には、ハイネック系のトップスをプラスするのも人気です。タートルネックに比べて少し首が見えるデザインであるため、華奢さをさりげなく印象付けられます。またアウターから少し見せることで、すっきりとしたシルエットを演出できる点がポイント。

特に、衿が無い分ハイネックの特徴的な首元をしっかり引き立てられる点から、ノーカラーコートとの相性が良い点も魅力です。写真は黒のパンツを合わせていますが、全身黒でまとめると顔合わせの際に重たい印象を与えてしまうので、明るいベージュなどのパンツを合わせると◎。

マナーを意識したパンツスタイルの服装で顔合わせに出席しよう!

顔合わせ

パンツスタイルに限らず、結婚の挨拶や顔合わせでは基本的なマナーを守った服装で出席することが何より大切です。これから顔合わせをする予定の方は、ぜひ今回ご紹介したマナーやコーデのポイント・注意点を参考に、当日の服装を考えてみましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。