1. Home
  2. >
  3. 学校年間行事
  4. >
  5. 授業参観で浮きたくない!...
授業参観で浮きたくない!という方に。やり過ぎない上品なママコーデをご提案!

授業参観で浮きたくない!という方に。やり過ぎない上品なママコーデをご提案!

授業参観では、マナーを押さえた服装を選んで、上手に周囲に溶け込みたいですよね。授業参観で浮かないための着こなしポイントと、上品なママコーデを季節別にご紹介します。カジュアル過ぎず、フォーマル過ぎない程よい良いコーデで、好印象なママをアピールしましょう。

2021.04.23 学校年間行事

授業参観に相応しい母親の着こなしポイントとは?

カジュアル過ぎず、フォーマル過ぎないコーデが◎

授業の様子

授業参観で浮かないコーデを目指すなら、カジュアル過ぎず、フォーマル過ぎないコーデがおすすめ。カジュアル過ぎたりフォーマル過ぎたりする格好は、悪目立ちして近寄りがたい印象を与えてしまいます。デニムや露出の高い服装、堅苦し過ぎるフォーマルなものや避けて、周囲に溶け込みやすいデザインを選びましょう。

スカートやワンピースなら、膝下丈にすると落ち着いた上品なママスタイルに。動きやすさを重視するなら、ストレッチ素材が効いたパンツを選んで、快活で明るいイメージにしても◎。トータルバランスを見ながら、学校行事に相応しいマナーのある服装で参加しましょう。

季節感を取り入れる

年間通して数回行われる授業参観では、程よく季節感を取り入れることも大切なポイント。初めましての機会が多い春なら、抜け感のあるコーデを選んで優しい印象にすると、周囲と馴染んで打ち解けやすくなります。汗をかきやすい夏場は、締め付け感が少なく通気性の良い素材を選んで軽やかに。

秋は落ち着いた色合いのブラックやグレーを取り入れて、シックな印象に仕上げるのが◎。重たくなりがちな冬のコーデは、控えめな柄デザインや上質な素材を選んで地味になり過ぎないように。コートを着る冬場は、厚着になり過ぎないように素材感にも拘りましょう。

華美なアクセサリーや小物使いは避ける

多くの保護者が集まる授業参観では、張り切り過ぎて普段よりもアクセサリーを華美にしがち。大ぶりなデザインや光沢感のあるアクセサリーは、カジュアルで派手な印象を与えてしまいます。上品なパール系のアクセサリーや、小さめのビジューのピアスを付けて、知的なママをアピールしましょう。

アクセサリーは、地味になりがちな秋冬コーデやダーク系のスーツとも相性が良いアイテム。上手に取り入れることで、コーデに華やかさがプラスできます。シンプルなコーデの時は、バッグやパンプスに差し色と使うと、おしゃれな好印象スタイルに仕上がります。

新しい出会いが多い春の授業参観は抜け感が大事

程よく色味を出したい20代におすすめ

リトルブラックワンピース

ELENA

リトルブラックワンピース

6,900円 (税込・参考価格)

ふんわりとした裾が印象的な20代向けワンピース。シンプルなAラインデザインが、女性らしいラインを引き出して、春らしい季節感と清潔感をアップ。ブルーグレーは、他とは被らないカラーで、ピンク系が苦手な20代の方にもおすすめのカラー。周囲と差を付けたいなら、首元にスカーフを巻いてこなれ感を出すと◎。

スカートの膝丈は、レギュラー丈とロング丈の2種類から選べます。体型が気になる20代の女性なら、膝下サイズのロング丈を選ぶと、周囲から浮くことがなくマナーの面でも安心。上品でシンプルなワンピースは、小学校や中学校など、学年を気にせず着られるところがおすすめです。

30代はピンクベージュで春の授業参観を明るい雰囲気に

ボウタイブラウス

Dress Lab(ドレスラボ)

ボウタイブラウス

2,200円 (税込・参考価格)

春の授業参観は、ピンクベージュのボウタイブラウスを合わせて明るい雰囲気に。程良い抜け感のあるブラウスは、ボトムスの合わせ方次第で、フォーマルにもカジュアルにも着こなせるところが魅力。ネックラインに沿うようにデザインされたボウタイは、ジャケットのインナーにすると、もたつかずスッキリと着こなせます。

体型が気になり始める30代の女性は、ゆったりめのデザインがおすすめ。バストから裾にかけてゆったりと設計されていますので、締め付け感が少なく、着やすいところがポイント。二の腕やウエストラインをカバーして、スタイルアップしてくれます。

40代は同系色のニットでこなれたワントーンコーデに

プレンウェーブストレッチフレアスカート

23区

プレンウェーブストレッチフレアスカート

20,900円 (税込・参考価格)

オンにもオフにも着回しやすいベージュの春スカート。ミモレ丈で膝が隠れる丈感ですので、肌の露出を控えたい40代にも着こなしやすいアイテム。定番のシンプルなデザインでありながら、アシンメトリーに配置されたタックが、トレンド感と個性を同時に叶えてくれます。

キレイめコーデにしたいなら、同系色のニットを合わせてワントーンコーデに。柔らかいニットとフレアスカートの組み合わせなら、40代でもカジュアルになり過ぎず、春の授業参観にぴったりの柔らかい印象に仕上がります。

夏の授業参観は大人っぽく軽やかに

20代におすすめのきれいめ透け感アイテム

プリーツブラウス

ELENA

プリーツブラウス

3,132円 (税込・参考価格)

暑さが厳しい夏の授業参観は、肌触りの良い素材を選んで軽やかさを。フロントがプリーツになったブラウスは、シフォン素材で軽い着心地がポイント。裏地付きですので、透ける心配がなくマナーの面でも心配ありません。ボトムスにテーパードパンツを合わせると、20代にぴったりのトレンド感のあるコーデに。

黒のパンプスを取り入れると、カジュアル過ぎずキレめな装いに仕上がります。夏は少し高めのヒールを履いて、20代らしい若々しさをプラスしても◎。髪はふんわりとひとまとめにすると、フェミニンで優しい雰囲気になって、夏の小学校の授業参観でも溶け込みやすくなります。

30代ならモノトーンコーデで落ち着いた大人の女性に

ジオラマスムーススカート

自由区

ジオラマスムーススカート

16,280円 (税込・参考価格)

光沢感のあるフィッシュテールのフレアスカート。ウエストから裾にかけて施されたタックは、サイドのみタックを外すことで、動きやすく工夫されています。インドの超長綿から作られたディオラマ糸が、ムラのない綺麗な仕上がりとハリ感と生んで、広がり過ぎず上品なシルエットに。

落ち着いた印象を与えてくれるモノトーンコーデは、小学校の授業参観に参加する30代の女性におすすめ。グレーのチェックブラウスを合わせてインすれば、夏っぽいこなれ感のある脚長スタイルに。カーディガンやコートを羽織れば、秋口まで長く着回せます。

40代の授業参観は大人な上品スタイルで暑さも爽やかに

ギャザースリーブジャージードレス

EPOCA THE SHOP

ギャザースリーブジャージードレス

22,000円 (税込・参考価格)

ギャザー使いがアクセントになった40代向けのワンピース。ギャザーが寄ったおしゃれな袖口が、他と被ることなく、さりげなく個性をアピールできるところがポイント。深みのあるライトグリーンのワンピースには、光沢感のある生地を使用することで、重たくなり過ぎずキレイに着こなせます。

ネック周りがシンプルですので、コートやジャケットを羽織った時でももたつかず、スッキリと見せてくれます。ウエストの絞りや落ち感のあるデザインが、40代の女性にぴったりに清潔感のあるコーデに導いてくれます。

落ち着いた色のコーデで秋の授業参観はシックにキメて

20代はトップスをインしてスタイルアップ

ドルマンスリーブカットソー

組曲

ドルマンスリーブカットソー

7,810円 (税込・参考価格)

ドルマンスリーブカットソーは、ゆったりとしたシルエットで、身体の線を拾わないデザインが魅力。さらりとした着心地ですので、汗をかきやすい20代の女性にもぴったり。汚れたら自宅で気軽に手洗いできるところも嬉しいポイントです。

ボトムスは黒のストレ―トパンツを合わせて、秋らしいシックな色合いでまとめると◎。脚長に見せたいなら、トップスをウエストにインしてベルトを巻くと、腰の位置が上がってスタイルアップできますよ。

動きやすさ重視の30代女性におすすめのセットアップ

ペプラムトップス&テーパードパンツ

Dress Lab(ドレスラボ)

ペプラムトップス&テーパードパンツ

8,800円 (税込・参考価格)

アクティブな30代におすすめの、ペプラムデザインのトップスとテーパードパンツの組み合わせ。ベーシックなテーパードパンツは、センタープリーツが施されていますので、脚長効果が期待できるところが◎。ゴム仕様のウエストや、足首が見え隠れする丈感など、女性に嬉しいポイントが詰まっています。

シンプルなセットアップは、インナ―や小物使いを工夫することで、幅広く活用できるアイテム。授業参観だけではなく、小学校の入学式や中学校の学校行事など、様々なシーンで着回せます。差し色として黒のコートを羽織れば、全身が引き締まってシックな装いに。

季節感を取り入れたいなら40代はキャメルで

アルバトロスカシュクールドレス

EPOCA THE SHOP

アルバトロスカシュクールドレス

42,900円 (税込・参考価格)

秋の小学校の授業参観は、キャメルのワンピースで大人っぽく。秋っぽさを感じさせるキャメルは、光沢感のある生地をチョイスして、地味になり過ぎないようにするのがポイント。黒のブーツを合わせて足首を引き締めると、40代向けのメリハリのある着こなしに。

ストンとした落ち感のあるカシュクールワンピースは、コートを着た時にもストレスを感じにくいところが人気。長めの丈感ですので、着席した時のシルエットを気にする心配がなく、マナーを大切にする女性にもおすすめです。

冬の授業参観は重たくなり過ぎないコーデが◎

20代はおしゃれなディティール使いのシャツを今年風に着こなして

コットンソフトコーデュロイシャツ(セットアップ対応)

組曲

コットンソフトコーデュロイシャツ(セットアップ対応)

6,050円 (税込・参考価格)

キレイめだけどおしゃれも楽しみたい、20代の女性にぴったりのコーデュロイシャツ。胸元のアウトポケットとミニスタンドカラーで、トレンドを押さえたおしゃれな着こなしに。ゆったりとした着心地ですので、シャツとしてはもちろんのこと、ジャケットや薄手のコートとしても活用できます。

カッコよくキメたいなら、同素材のパンツを合わせて統一感を出して。ダーク系カラーでも、柄物を取り入れることで、重たくなり過ぎず地味になりません。

冬にぴったりのワインレッドで30代は温かみを

セルロースリバージャージーカーディガン

J.PRESS

セルロースリバージャージーカーディガン

20,900円 (税込・参考価格)

冬の小学校の授業参観では、30代の女性は羽織物で差を付けて。シンプルで長めの丈が特徴的なカーディガンは、羽織るだけで女性らしさを引き出してくれるデザイン。適度に絞りが効いたバックデザインが、コーデのワンポイントになってくれます。

グレーのシンプルなスカートを合わせて色数を減らすことで、大人っぽく落ち着いた印象に。シックなワインレッドが、高級感と冬らしい温かみをプラスしてくれます。

マナーを大切にする40代なら定番のスーツで

3点セットアップ

Dress Lab(ドレスラボ)

3点セットアップ

16,500円 (税込・参考価格)

スーツスタイルがお好みなら3点セットアップがおすすめ。スタイリッシュな作りのジャケットは、伝統的なダブルボタンと細めの襟で、マナーを大切にする40代に取り入れやすいアイテム。インナーは透け感のあるレース生地ですので、地味になり過ぎず華やかさもプラスできます。

適度に明るさのあるネイビーのセットアップなら、重たくならず清潔感もアップ。パール系のアクセサリーを合わせると、ワントーン明るくなって、親しみのある好印象スタイルに。

授業参観では季節感を取り入れたコーデで参加しましょう

スーツ姿の考える女性

授業参観に参加する時は、季節感を取り入れた服装がおすすめ。年代にかかわらず、カジュアル過ぎずキレイめなコーデが◎。春は明るい色を選んで柔らかな印象に、夏はリラックスできる軽めの素材がぴったり。秋冬は、温かみのある暖色系や差し色になるコートを選んで、重たくなり過ぎないように心掛けましょう。

次の記事は、教職員や保護者の方々と交流する保護者会での服装についてご紹介しています。保護者会に相応しい、浮かない着こなしをするためのおすすめスタイルをご提案していますので、是非参考にしてみてくださいね。

関連記事
保護者会で"外さない"服装って?悩めるママにおすすめの着こなしを季節別にご提案

保護者会で"外さない"服装って?悩めるママにおすすめの着こなしを季節別にご提案

たくさんの教職員や保護者との大切な交流の場である「保護者会」。厳格な服装マナーがない分、当日の服装選びにお悩みのマ...

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。